淡路島5人殺害男が作っていた「獣リスト」!こいつらから電磁波兵器で攻撃

印刷

   兵庫県・淡路島の洲本市で5人の男女を殺害したとして逮捕された無職、平野達彦容疑者(40)が、被害者を含む30人の名前、住所を掲載した「獣リスト」をつくっていたことがわかった。「こいつらは悪用している」などと意味不明なことが書かれている。

精神医療被害連絡会に送り付け・・・被害者家族もリストアップ

   平野のリストを受け取ったのは精神医療被害連絡会代表の中川聡さんだ。去年5月(2014年)、平野から「電磁波攻撃を受けている。狙われている」という内容のメールとともに、ダウンロードの形で「獣リスト」が送られてきた。一覧には近所の30人以上の名前があげられており、殺害された平野毅さんと平野浩之さんも入っている。

恐ろしいですね

   コメントもあり、「自分を襲撃し逮捕されています。私の家と近所の家に深夜不法侵入し、窃盗などの犯罪」「こいつらが悪用の電磁波兵器を奪取し、こいつらに行使すれば、こいつらが起こした犯罪の全てがわかります」などと記している。名前を載せられた人たちは「知らない」「まったく身に覚えがない」といっている。

   中川さんはこれまでも似たような相談を受けてきたことがあるという。「たとえば、道路を通っただけで監視してきたと思ったりするんですよね」

担当弁護士「裁判まで語るつもりはないと黙秘の状況です」

   司会の羽鳥慎一「リストをつくって30人の人の名前をあげて、『獣リスト』という恐ろしいタイトルになっていますね」

   コメンテーターの松尾貴史(タレント)「妄想を膨らませて悪い方にいったのでしょうね」

   玉川徹(朝日テレビディレクター)「正常ではないですよね。電磁波兵器とか、よくある典型ですよね。精神鑑定がどうなるかに行き着くんじゃないですか」

   平野の担当弁護士は「(達彦は)ごく礼儀正しい人柄という印象を受けています。事件については裁判になるまでいっさい語るつもりはないと申しておりますので、黙秘の状況です」と語っている。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中