増田明美「納得できません!」世界陸上・女子マラソン代表選考で陸連と火花

印刷
「びっくりしました。どうして同じ26分台で大阪3位の重友さんなのですか」

   きのう11日(2015年3月)に行なわれた世界選手権女子マラソン代表選考の記者会見で、マラソン解説者の増田明美がこう異議を唱え、日本陸連の幹部との間で火花が散った。

「優勝した田中智美さんが外れて、3位の重宗梨佐さんをなぜ選ぶのか」

   世界選手権は今年8月に北京で開催されるが、代表に選ばれたのは前田彩里(23)、伊藤舞(30)、重友梨佐(27)の3人だった。増田が訴えたのは、候補の1人だった田中智美(27)がなぜ外れたのかという疑問だ。

議論はいいこと

   前田は8日の名古屋ウィメンズで2時間22分48秒、伊藤も同じ大会で2時間24分42秒の好記録を出し2人ともすんなり選ばれた。もう1人を誰にするのか。重友は大阪国際マラソンで2時間26分39秒で3位だった。田中は横浜国際マラソンで優勝したが、2時間26分57秒で重友より18秒下回った。だが、田中は外国人選手とゴール直前までデッドヒートを展開し最後にねじ伏せた。

   増田は「記録がそれほど変わらないのに、優勝より3位を代表にしたのですか」と質問した。日本陸連の酒井勝充・強化副委員長は「レースの内容的に物足りないものがあった」と説明したが、田中が出場した大会のテレビ解説者として目の前でみた増田は「いや、田中さんには圧倒的な強さがあった」と食い下がった。

陸連・酒井副委員長「優勝したのはレースレベル低かったから」

   これに対し、酒井副委員長は「出ていた選手のレベルが若干劣っていたのもマイナス」と答え、「われわれも現場のプロ」と少しムッとした表情を見せた。「すごい主観が入っているということですよね。説明を聞いてもすっきりしないです」と増田は最後まで納得していない様子だった。

   司会の羽鳥慎一「これまでも、マラソンや柔道など、代表選考にはこういうことがまま起きていますよね、でも、まあ、増田さんの説明に陸連も具体的に答えてはいました」

   赤江珠緒キャスターの「会見でこういうことを言い合うのはいいんではないでしょうか」というまとめで終わった。ちなみに、世界陸上の放送はTBS系だ。テレビ朝日の放送だったら、この騒動を取り上げたかな。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中