2018年 9月 19日 (水)

全国の教員1869人に脅迫状「300万円払え」新手の振り込め詐欺?

印刷

   今週の火曜から水曜にかけて、44都道府県の教員1869人以上に300万円を払えという脅迫状が届いた。金はタイのバンコクに送れという指示なのだが、いったい誰がこんなことをしているのか。

   脅迫文には「親からの依頼で行動を開始する。教え子だったAにむごい言葉で心を傷つけ人格を侮辱した」と書かれていて、応じなければ「家に投石」「夜中に怖い電話」「ネット通販商品が毎日届く」と脅す。教員の実家に送られたケースもあり、母親は「最初は足がガクガクしましたが、半分まで読んだら振り込み詐欺かなと思いました」と苦笑する。

   本文はワープロ、封書の宛名は手書きで、徳島県の消印が多かった。切手代だけで15万円はかかっている計算だ。

送金先はタイ・バンコクの女性住所

   タイの送り先に指定された住所の女性は「日本から荷物が送られてくるから、来たら香港に送れという話でした。こんな騒ぎになりショックです」と話す。同じく日本人男性はこういう。「代行業で荷物の受け取りをしている。1月から女性と電話などでやり取りして、タイでビジネスをやるが、履歴書を受けとる住所がないということだった。荷物を香港に転送することになっているが、今のところ郵便物は来ていない」

幼稚な手口

   赤江珠緒キャスター「こんな稚拙な内容に引っかかる人がいるのかなと思いますけど、実際に依頼をタイにやっているからねえ」

   司会の羽鳥慎一「こんな脅迫状は無視するのがいい。ちょっと分からない犯罪ですね」

   文部科学省は全国の教育委員会に注意を呼びかけている。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中