鈴木雄介「20キロ競歩」世界新!いけそうだったんでいっちゃいました・・・26秒短縮

印刷

   きのう15日(2015年3月)、石川県で全日本競歩能美大会が行われ、だんし20キロで鈴木雄介選手が1時間16分36秒の世界新記録で優勝した。これまでフランスの選手が持っていた記録を26秒上回った。

   鈴木は「世界記録がもし出たらという感じで考えていましたが、いけそうだったんでいっちゃいました」と話す。

故障で36位に沈んだロンドン五輪

   陸上競技で日本人が世界記録を出したのは、女子マラソンの高橋尚子以来14年ぶりのことで、男性に限れば、やはりマラソンの重松森雄以来50年ぶりの快挙だ。

地味でカッコいい

   勝谷誠彦(コラムニスト)「なんか地味だけどカッコいいね」

   キャスターのテリー伊藤「日本人に競歩って向いてるんじゃないですか」

   そんな鈴木もかつては「悔しい思い」(司会の加藤浩次)をしていたそうだ。12年のロンドン五輪でメダルを目指していたが、故障などで36位に沈んだ。

   加藤「リオデジャネイロ五輪で雪辱晴らして(果たして?)もらいましょうよ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中