2018年 8月 16日 (木)

鈴木雄介「20キロ競歩」世界新!いけそうだったんでいっちゃいました・・・26秒短縮

印刷

   きのう15日(2015年3月)、石川県で全日本競歩能美大会が行われ、だんし20キロで鈴木雄介選手が1時間16分36秒の世界新記録で優勝した。これまでフランスの選手が持っていた記録を26秒上回った。

   鈴木は「世界記録がもし出たらという感じで考えていましたが、いけそうだったんでいっちゃいました」と話す。

故障で36位に沈んだロンドン五輪

   陸上競技で日本人が世界記録を出したのは、女子マラソンの高橋尚子以来14年ぶりのことで、男性に限れば、やはりマラソンの重松森雄以来50年ぶりの快挙だ。

地味でカッコいい

   勝谷誠彦(コラムニスト)「なんか地味だけどカッコいいね」

   キャスターのテリー伊藤「日本人に競歩って向いてるんじゃないですか」

   そんな鈴木もかつては「悔しい思い」(司会の加藤浩次)をしていたそうだ。12年のロンドン五輪でメダルを目指していたが、故障などで36位に沈んだ。

   加藤「リオデジャネイロ五輪で雪辱晴らして(果たして?)もらいましょうよ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中