2018年 9月 21日 (金)

「洋式トイレ」立ちション派?座りション派?「立ってするな」のステッカー大人気

印刷
「このステッカーが大きな反響を呼んでいます」

   けさ17日(2015年3月)の「ニュースアップ!」コーナー担当のアナウンサー大西洋平が男性用トイレの扉から出てきた。貼られていたステッカーは、洋式トイレで男性は立って用を足さないようにと訴えている。今年1月に発売されて大人気となり、販売会社は「予期せぬことで、いま商品がまったく追いつかない状況です」とうれしい悲鳴をあげている。

街の女性は圧倒的に座り支持

   ステッカーでは、男性が立っている様子に×をつけたり、座っているところを示したりしている。「男は黙って座りション」なんていうキャッチコピーも書いてある。

ちゃんと拭いて!

   「これだけ反響があるということは、世の女性たちがどれだけいやがっているのかということですね」ということで街で聞く。「座ってもらった方が汚れないので座ってほしいですね」(30代主婦)、「座ってもらっています。(立っていると)はねるから汚い!汚すから!」(50代主婦)、「うちでは立ってしています。結構飛び散っていることが多いので気になります」(30代主婦)と圧倒的支持だ。

   トイレの掃除を研究している会社のアンケートによると、男性のトイレスタイルにも時代の流れがあるようで、1999年は「座っている」が15%だったが、13年には55%に増えている。

50代男性「家は座りション歴30年。自分がトイレの掃除当番」

   男性はどう思っているのかも街で聞いた。「立っていますが、彼女にいわれたら座ってするんでしょうね」(30代)、「立ってやります。女に迎合したらアカン、アカンよ」(ちょっと酔っぱらってる30代)、「家では座りますが、外では立っています。嫁がうるさいから」(30代)、「家は座りション歴30年。自分がトイレの掃除当番なのでしょうがない」(50代)

   スタジオの男性はどうか。

   司会の羽鳥慎一「どうしょうもない時は僕も座りますよ」

   コメンテーターの岩上安身(ジャーナリスト)「僕は立っている派ですよ。でも、トイレ掃除は自分でやっています」

   高木美保(タレント)「立って汚しても、ちゃんときれいに掃除してくださるなら文句ないんです。でも、男性の掃除はどうしても拭き残りがあるのは事実で、結局、女性が直さなくてはならない。それなら座って気持ちよくやってほしいですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中