2018年 9月 21日 (金)

鈴木奈々おバカキャラも大概にせい!他人の家に上がり込んで「オシッコ、オシッコ」大騒ぎの下品で下劣
<幸せ!ボンビーガール」(日本テレビ系)>

印刷

   貧乏だけど、明るく楽しく夢を持って生活している女性を「ボンビーガール」として紹介する番組だが、今回は阿蘇の山奥に住む「寒さをしのぐために自分の家を壊して、燃やしながら生活する!? ボンビーガール」だった。
   風呂なしガスなし水道なしの一軒家暮らし。縁側の木が腐っているので、いずれリフォームしなくてはと言う大家さんに頼み込み、その木をチェーンソーで切り、薪にして燃やし暖を取り、生活用水は家のすぐ前に流れている川の水を汲むという原始的な生活だ。
   築年数も古く見かけはボロボロだが、外見と違い、部屋の中はとてもオシャレなホテルのよう。住んでいる人のセンスが感じられる素敵な空間になっていた。
   と、それはいいとして、問題はレポーターの鈴木奈々だ。ボンビーさんに合鍵を借りて先に部屋の中を見て回るのだが、トイレを見ようと中に入ったとたん、「便器を見るとオシッコがしたくなる」と言い、「オシッコしたい、オシッコしたい」と大騒ぎ。部屋の主に断りもなくトイレを使用したかと思うと、今度は「水が流れない、水が流れない」とまたもや騒ぎ出した。
   スタジオは爆笑していたが、あまりにも下品過ぎて呆れてしまった。おバカキャラをウリにしている鈴木だが、これはひどい。不快な気持ちになる視聴者もいることをお忘れなく。(放送2015年3月10日22時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中