2019年 12月 12日 (木)

『上方落語』消滅から救った桂米朝!「思い出と感謝でいっぱい」(桂文枝)

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

オール落語で復活の足掛かり

   キャスターの齋藤孝「なるほど、オール落語を始められたんですね。新しいスタイルだった。いまでもやってる方いらっしゃいますけど」

   井上貴博アナ「一期一会という言葉を大変大事にしていたそうで、同じ噺でも、その時の噺家と来てくれたお客さんの出会いはその時だけ。だから大切に とおっしゃっていたそうです」

   いま、大阪の笑いといえば吉本興業が代表しているかのようだが、そのなかにも落語の血は入っている。とにかくしたたかで、とぼけてて、あれもみんな米朝師匠のDNAなのかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中