2018年 6月 23日 (土)

優勝インタビューの白鵬に罵声!心ない観客に絶句25秒・・・

印刷

   横綱白鵬が大相撲春場所で通算34度目となる優勝をはたした。けさ23日(2015年3月)のスポーツ紙は「笑顔なきV」「周囲との溝埋まらぬまま」「沈黙25秒しこりV」などと伝えている。優勝後のインタビューで、白鵬が言葉をつまらせ約25秒間沈黙する場面があったからだ。

稀勢の里戦の立ち合いでもブーイング

   白鵬は1月の初場所の取り組みの判定をめぐって審判批判を行ったとして批判されていた。春場所でも、稀勢の里戦で立ち会いで変化したことで物議をかもした。

やめてほしい

   キャスターのテリー伊藤「変化したというのでものすごいブーイングされたが、見たら、稀勢の里が突っ込んでいたので誰でもよける。それをマスコミなどが批判するはかわいそうだなあ。もう少し横綱の思いってのを考えてあげることも大事なのかなと思いますね」

   勝谷誠彦(コラムニスト)「ブーイングっていうか、土俵に向かって罵声を投げてた客もいたのね。やめてほしいよね、ああいうことは」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中