高校教諭 子猫5匹生き埋め!生徒に穴掘らす・・・「どうしていいかわからなかった」

印刷

   千葉・船橋市内の県立高の教諭が、校内で見つかった産まれたばかリの子猫5匹を生徒の前で生き埋めにしていたことがわかった。野良猫が産んだもので、教諭は「どうしていいかわからなかったので」と説明しているというが、異常すぎる。

「放置すれば死ぬし、実習の邪魔」

   学校側の話では、教諭は30代の園芸科担当で、6日(2015年3月)午前、園芸温室内で子猫5匹を見つけた。放課後、担任のクラスの男子生徒3人に、目的をいわずに畑の一角にスコップで穴を掘るよう指示し、生徒たちを帰してから子猫を埋めたという。

なんていうことを

   これを別の場所から見ていた生徒がおり、話を聞いた保護者が学校へ知らせて明らかになった。学校はこの教諭から聞き取り調査をしたが、教諭は「放置すれば死ぬと思った。市役所に引き取ってもらえないし、実習の邪魔になると思い、どう対処すればいいかわからな かった」と話したという。

   教頭は「教科指導もしっかりやっている。生徒にも好かれている熱意のある教員です。命の大切さを教えるべき学校で、このような行為をしてしまったことは重大と受け止めています」と話す。

動物愛護法違反の疑いで警察も調査

   井上貴博アナ「毎年のようにここでは野良猫が子どもを産んでいたそうです。これまでは生徒たちが引き取ったりしていたのですが、今年はこういうことになってしまったということです」

   キャスターの齋藤孝「感覚として異常な感じがしますけどね。生きたままの子猫を埋めるなんてねえ。それを園芸科の先生がやる。命の大切さを教えることは学校にとって重要ですよね」

   井上「動物愛護法違反の疑いで警察も調べるということです」

   齋藤「穴を掘った生徒も、結果として心の傷になる可能性もあります」

   井上「何の穴だろう、先生にいわれたから掘ったらこうなった。メンタル面でケアする必要があるかもしれませんね」

   そこまで甘やかすことはない。きょう24日(2015年3月)に臨時の保護者会を開いて説明するんだそうだ。これまたご苦労さまなことだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中