県立高校教師 子猫5匹「埋め殺し」!生徒に穴掘らせ校内に・・・

印刷

   千葉県船橋市の県立高校の30代の男性教諭が生まれたばかりの子猫を学校の敷地内に生き埋めにしたことがわかった。県警は動物愛護法違反の疑いで捜査中という。この教諭は3月6日(2015年)の午前11時ごろ、学校の温室で5匹の子ネコを見つけ、午後4時ごろに3人の生徒にスコップで穴を掘らせて4匹の子猫を自分で生き埋めにした。1匹は生きているか不明だったという。3日後、生徒の保護者から学校へ電話があり発覚した。

生徒「先生なのに命を軽く扱って酷いなと思いました」

   教諭は「どこに引き取ってもらえばよいのかわからなかった」と話したという。この温室にはこれまでも野良猫の子が生まれたことがあり、希望する生徒が引き取ることもあった。教頭は「物事に一生懸命に取り組む教員です」と話すが、教諭は独断でやったようだ。

面倒臭かった?

   アナウンサーの飯村真一が現場で取材し、生徒たちの声を聞いた。「まず、最初に埋めるという判断に至ったのがよくわからない」「先生という立場なのに命を軽く扱って酷いなと思いました」と冷静に批判する。

   教師のあり方として「生徒に手伝いさせたのがまずい」といい、「その場で埋めたのは早計だった。保健所なり里親募集なり、そういうところに届け出をした方がよかったと思います」という意見もあった。これを聞いて、キャスターの赤江珠緒「生徒の方が冷静でしたね」

   舘野晴彦(『ゲーテ』編集長)「言語道断ですね。生徒に生き埋めを手伝いさせる行為自体が教師としての大事なことを欠落していますよ。ふだんは大丈夫なのかと思いますね」

   高木美保(タレント)「いろいろいっているが、考えることが面倒くさかったのだと思っています」

   岩上安身(ジャーナリスト)「普通の社会人として考えにくいですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中