尾木ママ、子猫生き埋め教諭に「本来ならこの教師首でしょう」

印刷

   教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹(68)は3月23日(2015年)のブログで、千葉県船橋市の県立高校に勤務する30代の男性教諭が子猫を生き埋めにした事件について、「本来ならこの教師首でしょう」と怒っている。

   高校に事情説明するよう求めるとともに、男性教諭について「明らかに『著しく教師の資質に欠ける』でしょう!個人的には『首』でも不自然じゃないような気がするのですが・・・!言い過ぎでしょうか!?」と書いた。

   男性教諭は6日、学校敷地内で子猫5匹を発見。複数の生徒に目的を説明せず穴を掘らせ、自ら生き埋めにした。県警は動物愛護法違反の疑いで調べを進めており、県教育委員会は捜査終了後に男性教諭の処分を決める方針だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中