「フライパン応用自在」肉じゃがも惣菜天ぷら再加熱もこれ一つでOK!スゴ技紹介

印刷

<スゴ技>G 定番料理SP>この1年間に放送したスゴ技の中から「もう一度見たい」という定番料理を再放送した。まずはフライパンで作る「じっくり味のしみ込んだ煮崩れしない肉じゃが」だ。料亭三代目の野永喜三夫さんが披露した。

「フライパンは底が広く浅いので火が通りやすいんです。すべての具をフライパンに入れて水から煮ます。フライパンだからといって、決して炒めないでください」

   野永さんは豚肉、玉ねぎ、人参、じゃがいもをフライパンに入れ、、水、しょうゆ、みりん、砂糖、顆粒ダシのつゆを加えて、真ん中に穴をあけたキッチンペーパーを落し蓋にする。中火で15分、煮立てきたら蓋を取って弱火で15分煮込む。決してかき回してはいけない。

「朝作って夕方まで冷まして、味を染み込ませてから、夕方に温め直すとさらに美味しくなります」

油使わず片面ずつ2分焼き

   スーパーなどで買ってきた惣菜天ぷらは揚げてから時間がたっているので、衣がグネッとしている。これもフライパンを使えばサクサクッと再加熱できるのだ。

   中谷文彦アナ「軽く熱したテフロンのフライパンに、油を引かず、天ぷらをそのまま乗せます。中火で片面2分ずつ焼くと、油がジワーと出てきますが、フライパン上では拭き取らず、最後にキッチンペーパーにとって吸わせます」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中