NHKに問い合わせ8100件・・・7割が籾井会長の言動批判!「公平な放送ができるか心配」

印刷

   NHKの吉国浩二専務理事は24日(2015年3月)の衆院総務委員会で、視聴者から籾井勝人会長に対する苦言が殺到していることを明らかにした。一連の発言などについて、2月1日から3月20までに約8100件の問い合わせがあり、このうち7割程度が批判する意見だったという。

   籾井会長は従軍慰安婦問題について、「政府のスタンスが見えてこないので放送は慎重に考える」など、安倍内閣に歩調を合わせるのが公共放送といわんばかりの発言があり、視聴者からは「これで公平な放送ができるのか心配」という声が多かったという。籾井会長は個人的なゴルフの行き帰りに使ったハイヤー代をNHKに立て替えさせていたことが発覚して批判されている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中