無器用が人気!食べ物まるでキャッチできないドジ犬・・・顔にぶつけて「アレッ?」

印刷

   空中に投げたフリスビーや骨をゴールデン・レトリバーのような犬が身を躍らせて口でキャッチする芸は、実際には見たことがなくても、映像などではおなじみだ。しかし、すべての犬がこのような芸当ができるわけではない。その証拠に、YouTube(ユーチューブ)で人気の「Fritz Learns to Catch Compilation #1」という動画に出てくるのは無芸な連中だ。

「笑った」「微笑ましい」「オーサム!」

   愛犬フリッツに「キャッチ」を覚えさせようと、飼い主はドーナツ、タコス、イチゴ、ピザなどさまざまな食べ物を鼻先に投げる。フリッツは身を躍らせ口を開けるのだが、食べ物は鼻先や頬に当たったりしてことごとく地面に落ちていく。

   まるで平凡なフライボールをおでこに当ててしまう野球選手のようなフリッツに、動画の視聴者から「笑った」「微笑ましい」「オーサム!」という声が寄せられた。

   その一方で、食べ物を投げることや犬にジャンクフード的な食べ物を食べさせてることへの批判も多い。投稿者はフリッツの健康には十分気を配っており、投げたもの全部を食べさせたわけでもないと説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中