2018年 7月 21日 (土)

無器用が人気!食べ物まるでキャッチできないドジ犬・・・顔にぶつけて「アレッ?」

印刷

   空中に投げたフリスビーや骨をゴールデン・レトリバーのような犬が身を躍らせて口でキャッチする芸は、実際には見たことがなくても、映像などではおなじみだ。しかし、すべての犬がこのような芸当ができるわけではない。その証拠に、YouTube(ユーチューブ)で人気の「Fritz Learns to Catch Compilation #1」という動画に出てくるのは無芸な連中だ。

「笑った」「微笑ましい」「オーサム!」

   愛犬フリッツに「キャッチ」を覚えさせようと、飼い主はドーナツ、タコス、イチゴ、ピザなどさまざまな食べ物を鼻先に投げる。フリッツは身を躍らせ口を開けるのだが、食べ物は鼻先や頬に当たったりしてことごとく地面に落ちていく。

   まるで平凡なフライボールをおでこに当ててしまう野球選手のようなフリッツに、動画の視聴者から「笑った」「微笑ましい」「オーサム!」という声が寄せられた。

   その一方で、食べ物を投げることや犬にジャンクフード的な食べ物を食べさせてることへの批判も多い。投稿者はフリッツの健康には十分気を配っており、投げたもの全部を食べさせたわけでもないと説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中