大阪桐蔭「裏金」仕切ってた前校長とナンバー2の元事務長!1200万円お手盛り

印刷

   大阪桐蔭中学・高校(大阪・大東市)の裏金問題を調べていた第三者委員会は、25日(2015年3月)の記者会見で、裏金がこれまでいわれていた額よりもはるかに多い5億円であることを明らかにした。保護者からは「校外模試代で2~3万円とか度が過ぎると思っていた。裏切られたという感じ」と憤りの声が上がっている。

   裏金を仕切っていたのは学校創設から30年近くつとめていた前校長とナンバー2の元事務長だった。元事務長は体調不良を理由に第三者委の聴取にも応じていないという。

第三者委員会「業務上横領容疑で刑事告訴検討すべき」

   巨額の裏金は何に使われていたのか。渉外活動と個人的な流用の2つに分けられるようだ。第三者委の畠田健治委員長は「たとえば、飲食代やゴルフ代、タクシー代、旅費などの接待費は5400万円にのぼります。贈答用なども100万円程度の高級バッグやエルメスのスカーフなどブランド品の購入額だけでも7700万円に及んでいます」という。

甲子園の生徒たち

   さらに、前校長が2年前に相談役に退いたときも、減額した給与を補うために1200万円、前校長の娘に510万円が振り込まれた。第三者委は前校長らを業務上横領の疑いで刑事告訴することも検討すべきだと提案している。

   岸本哲也リポーター「(甲子園に出場している野球部の)選手たちはどんな心境ですかね」

   司会の小倉智昭「生徒たちが可哀そうだよ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中