2018年 9月 26日 (水)

香川・ため池で5歳児「転落・溺死」!5年前には姉も同じ事故で・・・

印刷

   おととい24日(2015年3月)夜、香川県三豊市のため池で近くに住む男の子(5)が浮かんでいるのが見つかり、病院に運ばれたが1時間後に死亡が確認された。このため池の事故は1度ではなかった。5年前に男の子の姉(当時3)も転落して死亡していた。

   夕方から姿が見えなくなり、母親が近所の人たちと探していたところ、家のすぐ裏の池でうつ伏せに浮かんでいた。池の土手で遊んでいて転落したらしい。姉が亡くなったあと、県と市が池の周りにフェンスを設置したが、半分しかできていなかった。

半分しかできていなかったフェンス

   近所の人たちは「活発な男子で良い子だった」「かわいそうとしか言いようがない」といい、「お父さんとお母さんは号泣されていた」と話していた。

なんていうことに・・・

   司会の羽鳥慎一「ご家族の気持ちを思うと・・・」

   コメンテーターの宮田佳代子(城西国際大学客員教授)「なぜフェンスが全部できていなかったのでしょうかね。1度悲劇があったのだから、ちゃんと対処をすべきだった」

   羽鳥「香川県は雨が少ないので、ため池が多いですよね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「農業用のため池があちこちにあるんです」

   アナウンサーの小松靖「香川県の雨量は全国平均の3分の2程度で、1万4000個のため池があるといわれています」

   玉川「お金がかかるにしても、ここまできたらフェンスを全部付けてほしいですね」

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中