2018年 8月 15日 (水)

「大阪桐蔭」裏金仕切っていた前校長・・・元塾経営者の文句言わせぬワンマン

印刷

   高校野球の強豪校として知られる大阪桐蔭中学・高校が、保護者から必要以上の金を集め、差額を裏金としてプールし不正流用していた問題で、きのう25日(2015年3月)、調査を委託された第三者委員会が裏金は20年前から行われて、金額は5億円を超えることが明らかにした。

相談役に退いても1200万円の給料補てん

   第三者委員会の会見に出ていた「モーニングバード!」レポーターの所太郎が、「(裏金の)渉外活動費の具体的な内容はわかっていますか」と質問した。委員長は「ゴルフ、タクシー代、出産祝い、1点数10万円から100万円する高級バッグ、1点10数万円するスカーフなどが含まれています」と説明した。これらは教職員やPTA役員にプレゼントしたり、受験生の数を増やすために塾関係者を接待した支出と見られる。

なんたること・・・

   5億円の内訳は、教材費の差額の裏金3億3000万円、模擬試験や検定試験分の差額1億7000万円だった。1億7000万円分の使途は、香典、浄水器のフィルター、餞別代、反省会、入湯税、ホテル代、メガネ代などのほか、前校長に1200万円、その娘に510万円が振り込まれていた。1200万円は校長が退職して相談役になって給料が下がったため補てんしたものらしい。

   所によると、前校長は元塾経営者で1昨年(2013年)まで校長を務めていた。周りはものをいえない状態だったという。

尾木直樹「教育者の発想じゃないですよね」

   司会の羽鳥慎一が教育評論家の尾木直樹に「お聞きなって、どう思いますか」と聞く。尾木は「5億円という金額とか、娘に渡っているとか、これは教育者の発想じゃないですね。校長の塾経営者だったことが関係あると思います。数値が上がると校長の力は絶大になる。よっぽどワンマン校長だったと思いますよ」と指摘していた。

   野球などスポーツだけでなく、東大、京大にも合格者が増え、文武両道の有名校となってきたが、裏の面があったようだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中