2018年 9月 20日 (木)

真っ白に化粧直しの姫路城きょうから一般公開!城内も改修して400年前の姿

印刷

   5年半に及ぶ「大修理」が行われていた姫路城できのう26日(2015年3月)、完成式典が行われ6万人もの人が集まった。修理中は公開が中止されていたが、きょうから一般公開が再開された。

   大竹真リポーター「地元の人はね、地元の大エースが復活したって、ホント喜んでましたね。どんどんお客さん来てほしいってました」

解体して白漆喰塗り直し―総工事費24億円

   姫路城は真っ白な白漆喰の壁から「白鷺城」の異名があり、日本の国宝や世界文化遺産に指定されている。しかし、壁や軒まわりの汚れや傷みがひどくなり、総工事費24億円をかけて解体をして漆喰をあらたに塗り直した。城内も一新され、展示物が撤去された。天守が建てられた400年前の姿を再現しているそうだ。

   姫路城外国人ガイド協会のガイドによると、「年月が経つとどうしてもコケが生えたりして(色がくすんでくるので)、今が絶好の白いチャンス。これが数年経つと少しずつ(姫路城大天守の)隣の小天守のような(くすんだ)色になってきます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中