ヤバイ!ゆるキャラ転んでかぶりものコロコロ・・・客は大喜びで「素顔」撮影

印刷

   司会の羽鳥慎一が「悲劇です」という。話は少し古いのだが、先月14日(2015年3月)、福岡・筑後市で行われた「筑後船小屋よかよかまつり」でそれは起きた。福岡のゆるキャラが勢揃いして行った「ゆるかけっこ」で、2人(?)が転んでしまったのだ。さあ、そこで何が起ったか。

「福岡県最速ゆるキャラ」決める駆けっこ

   九州新幹線開業4周年を記念して開かれたイベントで、筑後船小屋駅前でさまざまな催しが行われたのだが、メーンのひとつがゆるきゃらの「福岡県最速を決める」かけっこだった。

ゆるくない事態

   県内各地から集まったゆるキャラ9人が一斉にスタートしたのだが、真ん中を走っていた広川町商工会青年部のゆるキャラ「広川まち子」が転倒。これにつまずいて大川市の「モッカくん」も転がってしまった。かぶりものの頭がはずれて転がった。さあ大変だ。舞台裏が丸見え。倒れた2人はじっと動かない。いや、動くわけにいかない。

   あわてた主催者の女性アナウンサーが「みんな、目をつぶってくださ~い」。だれが目なんかつぶるものか。いちばん見たいものが見えちゃったのだ。動画を撮っていた人はしっかり撮影を続けていた。

   アナウンスの声の主、司会の永田萌さん(25)はそのときの気持ちを「やばい、あぶないって思いましたね。こんなことが起るんだ。お客さんは大丈夫なのかなとか」と話す。

   ところが、転倒に気づいたゆるキャラの何人かが駆け戻って、ころがった頭を拾って元に戻したのだ。かくて転んじゃったゆるキャラも無事にゴールしてことなきをえた。

   「なんか見てはいけないものを見た気がしましたが、みんなの熱さがつたわってきましたね」「ジーンときました。ゆるキャラたちの友情をもの凄く感じました」と永田さんはいう。

転んだ中の女性「地元のみんなの顔が頭に浮かんで、もうお嫁にいけないと思った」

   羽鳥「ゆるくない事態が起きましたね」

   赤江珠緒キャスター「みなさんこぞって助けてましたが」

   羽鳥「ゴールより友情をとった」

   赤江が倒れた2人のコメントを紹介した。「広川まち子」さんは「地元のみんなの顔が頭に浮かんで、もうお嫁にいけないと思ったわ」。「モッカくん」は「頭が真っ白になりました」

   羽鳥「考えればこういう事態は起きなくはない。でも、後の収拾のしかたがよかった。みんなの結びつきを感じさせる素敵なイベントになりましたね」

   しかし、へそ曲がりとしては、中をのぞいてみたいキャラはいるなぁ。いちばんは「ふなっしー」か。あれはつなぎだからこけても脱げそうもないか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中