インドが買い漁り「日本の中古ダイヤモンド」家庭で眠っている3兆円分

印刷

   日本でもバブル期に多くのダイヤモンドが流通し、中古ダイヤとなって約3兆円分もが家庭に眠っているという。その買い取り価格がいま急騰している。買い取りショップではダイヤの持ち込み数が5年間で10倍近くに増えた。

   藤森祥平アナ「こういった動きのカギはインドなんです」

   インド人バイヤーが日本の中古ダイヤを買いつけているという。バイヤーのひとりは「(日本のダイヤは程度が)結構いいですね。買ってインドですぐ売れます。リカット(再加工)しても売れるし」と話す。中古ダイヤの加工工場長も「日本の中古ダイヤは質がいいから、再加工していろんな国で高く売れます」という。

再加工すると価格25%アップ

   インドは世界一のダイヤモンド加工・研磨技術を持つ国で、世界のダイヤの約80%がインドで加工されるという。再加工したダイヤは価格が25%程度上がることもあり、インド以外にも中国をはじめとする世界各国に出回っているという。

   前田浩智(毎日新聞編集編成局次長)「インドはいま急激に経済が伸びていて、中間層が増えています。富裕層だけでなく、そういう人たちがどんどん買うようになっているのです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中