江川達也「少年サンデー」連載?「この歳で出来るのだろうか」

印刷

   漫画家の江川達也(54)が4月2日(2015年)、マンガ雑誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載を始める可能性をフェイスブックで示唆した。少年向け週刊マンガ雑誌への連載が実現すれば、「まじかる☆タルるーとくん」(「週刊少年ジャンプ」1988~92年)以来23年ぶりとなる。

   編集者との打ち合わせの模様もフェイスブックで報告している。担当編集者は「少年サンデーの担当編集者はヘビ年生まれだからかどうかは、知らんが、とてもしつこい男だ」「最近の漫画は全く読んでいなかったオレをどんどん漫画界に引きずり込もうとしている。こんなにねちこい編集者は初めてだ。すげえ」と江川も舌を巻く執念深さのようだ。

   とは言いながらも、テレビ出演など漫画以外の仕事もこなす現在の江川。週刊少年誌の仕事を「毎週一本づつ原稿を18ページ仕上げることを意味する」と語り、「この歳で出来るのだろうか」と不安を見せている。

   若い頃は20ページほどの漫画を1週間に3本描くというハードスケジュールをこなしていたという。しかし、それは「若いから可能なこと」と語る。

   最後には「まあ、連載が決定したわけじゃない。途中で、連載の話がなくなる可能性は大だ。気楽に、落書きから始めよう」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中