MayJ.、「アナ雪」主題歌でのバッシングを振り返る 「人前で歌うのが怖くなることもありました」

印刷

   歌手のMayJ.(26)が4月3日(2015年)、14年のブレークをブログで振り返った。

   ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go~ありのままで~」でブレークしたMayJ.だが、オファーを受けたのは13年の夏だったという。

   当時の思いを「本当に信じられなくて、実際に映画をみてエンドロールが流れてくるまで実感が湧かなかった」「『夢を見続けていれば叶えることができる』ウォルトディズニーの言葉は本当だったんだ」と綴っている。

   一方、自身がテレビ番組のカラオケ企画で知名度を上げたことも影響したのか、多くのバッシングを受けた。「想像もした事のないつらい思いや、なぜ? と思うことも去年はたくさんありました。正直人前で歌うのが怖くなることもありました」と打ち明ける。

   しかし、ライブでは「毎回会場にいる皆さんの笑顔に励まされ、それが私のパワーになりました」といい、「ライブは私にとって特別な場所」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中