2018年 7月 19日 (木)

天達武史「皆既月食&花見」空振り!雨雲レーダー信じて甲府に出かけたが・・・

印刷

   おととい4日(2015年4月)、夜桜と皆既月食のコラボレーションに日本中がわいた。見られた場所も見られなかった場所もあったが、「酔いしれました」(菊川怜キャスター)という春の一夜だった。

   皆既月食は「赤い月」とよばれ、東京で桜と重なるのは196年ぶりだ。午後8時54分からの12分間。ライトアップされたスカイツリーとも重なる東京・隅田川沿いには、「狙いますよ、ゼッタイ狙います」と福井から来たという男性はカメラを構え、「10月から楽しみにしていました」と話す女性もいた。

「雲の隙間から見えるはずですが」

   天気予報では東京は曇りだったが、「とくダネ!」は周辺で月食が見える場所を探した。気象予報士の天達武史が「前線が停滞していて、雲の隙間を探すのはむずかしいな」と雨雲レーダーをにらんで出かけたのは甲府あたりだった。2000メートル級の山に囲まれているので、ひょっとしたらの可能性があるというのだ。

外れました

   山梨県富士川町にある大法師公園は「桜の名所100選」の一つに選ばれ、2000本のサクラが満開だった。天達は花曇りの空に南東の方角から上がるはずの月を待った。

福島や宇都宮では「見えた!」

   東京の上野公園には奇跡を信じる人が詰めかけていた。57歳の中国人女性は「日本で見られるなんてもうけものよ」。しかし、月は出なかった。

   月食月見と花見が同時に楽しめたエリアは全国でも少なかった。月が出た沖縄では桜はすでに散り、仙台はこれから。だが、福島県や栃木県宇都宮市では撮影に成功した人もいた。

   山梨県の公園にいた天達は1秒も見られなかった。

   菊川怜「雨雲レーダーはなんで間違ったのですか」

   天達「レーダーに映らない低い雲があって。責任を感じています」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中