声帯摘出のつんく♂挑戦「食道発声法」ってどういうの?ゲップの瞬間に声が出る!

印刷

   歌手で音楽プロデューサーのつんく♂(46)は、母校の近畿大の入学式に出席して、喉頭がんで声帯を摘出して「声を失った」ことを明らかにした。スクリーンに映し出されたメッセージで「私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です」と後輩を励ました。

母校の入学式「一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」

   入学式にサプライズ・ゲストとして登場したつんく♂は新入生の大きな拍手で迎えられたが、いつまでたってもしゃべらない。背景のスクリーンに映し出されたメッセージはこんな内容だった。

大変な決断

   「なぜ、声にして祝辞を読み上げることができないのか。声帯を摘出したからです。一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」とあって、「こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんな事をこれから考えながら生きていこうと思います」と結び、声のない口で「ありがとうございます」と伝えて、大きな拍手に涙を浮べた。

   1992年に「シャ乱Q」でデビューし、数々のヒット曲を送り出したほか、モーニング娘。などアイドル・グループのプロデューサーとしても活躍している。

   声の異変に気付いたのは昨年1月(2014年)だった。その前年の異変は治ったが、「今度は手術」と話していた。3月に喉頭がんが見つかり、9月に仕事に復帰したががんは再発した。10月に声帯を摘出したという。

   喉頭がんの原因はたばこか声の使いすぎだという。歌手であるなら声を使うのは仕方ない。

訓練次第で数か月で会話

   司会の羽鳥慎一「歌手であるつんく♂さんが、声を失うというのは大変な決断だと思いますね」

   赤江珠緒キャスターがけさ6日(2015年4月)のスポーツニッポン紙を引いて、「つんく♂さんは声を取り戻すためのリハビリを始めたということです」と伝える。「食道発声法」というのだそうで、胃に吸気をため、逆流させて食道を振動させて声を出す。げっぷをする瞬間に声になるのだ。

   羽鳥「そういう方法があるんですね」

   赤江「数か月で話せるようになる人もいるということですが、難しいこともあるということです」

   つんく♂はこれまで、楽曲の指導は自分が吹き込んだデモテープでやっていた。これはもうできないので、新たな指導法を考えていきたいと話しているという。

   羽鳥「声を捨てて生きる道を選びました、というのは心に刺さるメッセージですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中