いじわる姑、夫はDV!もう我慢できん・・・紅茶におしっこ入れて飲ませた嫁

印刷

   30代の嫁が折り合いの悪い舅姑に自分のおしっこを入れた紅茶を1年間飲ませ続けていた。さすがに日本ではなくインドの話だが、「裁判沙汰にまでなって大騒ぎです」(岩本乃蒼アナ)という。

   嫁のとんでもない行為が発覚したのは、60歳になる姑がティーポットにまたがって放尿している嫁を見つけ、警察に突き出したことだった。警察は「事件にならない」と取り合わず、納得いかない姑は「正義を勝ち取りたい」と民事訴訟を起こした。

家出したが連れ戻され・・・

   地元紙によると、息子と嫁は親同士が決めた結婚で、夫が威張り散らし奴隷のように扱われたることに腹を立てた嫁は家出してしまう。困った夫は戻ってきてほしいと懇願し、戻る条件として決めたのが「夫は家事を手伝う」「足をマッサージする」というものだった。

アメリカでも

   ところが、息子にマッサージをさせているのを見た姑は「うちの息子を奴隷扱いしている」と怒り、約束を反故にさせてしまった。怒った嫁が今度は舅姑が訪ねてくる度に紅茶におしっこを入れたというわけだ。

   東京大教授のロバート・キャンベルがアメリカで話題になっているおしっこにまつわる事件を紹介した。「先週、ニューヨークで殺人罪で逮捕された『不動産王』と呼ばれた大企業のオーナーの長男なんですが、会社を継ぐ地位にいながら、日ごろの不審な行動で家族から疎外されていたんです。それに怒ってオフィスの親族たちのゴミ箱に尿をかけ続けていたんですね。これで家族から完全に外され、おかしくなった長男は殺人事件を起こしてしまいました」

   アメリカの話はともかく、女性に対する差別や迫害が強いインドではこの妻に同情したくなるが。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中