2018年 9月 26日 (水)

宮城セクハラ村長「辞職会見」退職金はいただきます。村長選は出ません

印刷

   セクハラ疑惑で女性職員に訴えられた宮城県大衡村の跡部昌洋村長(66)がきょう8日(2015年4月)の辞職を前にきのう7日、なんとも珍妙な記者会見を行った。

   村長はまず「提訴されて大変残念」と語った。同席した弁護士に何事かささやかれると、「あ、そうか」とうなずき、「不本意であります」とつけ加えた。セクハラはなかったのかと聞かれ、「裁判を通して明らかにします」と答えたが、これもささやかれて「はい」と否定してみせた。性行為の有無は「お答えできません」としていたが、またささやかれて「ありません」と言い直した。

不適切な行為だったかどうかは「お答えできません」

   司会の小倉智昭「打ち合わせして会見に臨んだはずですがねえ。それが村長は頭になかったみたいです」

どんな裁判に?

   女性職員と「殿」「姫」と呼び合っていたことに話が及ぶとかすかに笑いを浮かべ、女性職員への対応は自然なことだったのかと聞かれると「はい」とうなずいた。不適切な行為だと認めるかという質問には、横から弁護士が「お答えできません」とさえぎった。

   女性職員の訴えでは、性行為の強要は10回以上、送られてきたメールは1300回を超えたほか、さまざまなセクハラ行為があったという。

   ニュースデスクの笠井信輔「女性職員は村長に『殿』と呼ばされていたと言っています。裁判を待つしかない状況です」

   小倉「村長は仲がよかったという言い方ですけど、よくわかりません」

   約1100万円の退職金については「頂く」といい、次の村長選挙には出馬しないと表明した。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中