ユーチューブと東映が共同提案「時代劇を作ってみませんか」無料の撮影セットを設置

印刷

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)と「Jidaigeki」(時代劇)は、熱心なユーチューブ視聴者でもそうなじみのない取り合わせかもしれない。グーグルと東映が共同で、東京・六本木の動画クリエイター向けの制作スペース「YouTube Space Tokyo」に無料の時代劇撮影セットを設置したという。

   セットは4月7日(2015年)から5月20日までの期間限定で開設で、すでに10組ほどの参加が決まっているほか、利用者を一般公募している。チャンネル登録者が5000人以上いることなどが条件で、各種選考の上で合格者に通知する。

時代劇の衣装・着付けや殺陣のワークショップ

   この企画の宣伝用動画https://youtu.be/9ZudQsIDfIoも公開されており、「新しい時代劇を世界へ」がキャッチフレーズとなっている。撮影セットだけではなく、時代劇の衣装・着付けや殺陣のワークショップも設けるという。

   海外では「ユーチューブがサムライドラマ、サムライムービー製作をサポート」と伝えられ注目を集めている。ユーチューブでどういった「jidaigeki」や「samurai」ムービーが注目されているのか検索したところ、圧倒的人気なのは、再生1000万回クラスがズラリと並ぶアメリカの戦隊ドラマ「パワーレンジャー・サムライ」関連の動画であった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中