「クローズアップ現代」担当記者はやらせ依頼否定!NHK調査委が中間報告

印刷

   NHK報道番組「クローズアップ現代」の昨年(2014年)5月14日放送「追跡『出家詐欺』~狙われる宗教法人~」で、やらせがあったのではないかという指摘について、NHK調査委員会はきょう9日(2015年4月)に中間報告を発表した。

   報告によると、取材した記者は「出演男性に(やらせの)演技を依頼はしていない」と証言しているという。一方、男性は「ブローカ-役を演じるよう依頼された」と話していることを明らかにした。ただ、番組では記者が取材をすすめるうちにブローカーの存在を突き止めたという構成になっているが、実際は知人の仲介で接触しており、調査委員会は「演出が過剰ではなかったかという観点からさらに検証を進める」としている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中