東京・赤羽ディープな人気!「おでん5品と酒」800円!立ち飲み名物「だし割」って?

印刷

   <『JAPA』なび23 熱いぞ!北区>東京・赤羽がいまちょっとしたブームだ。朝から飲める居酒屋があったり、大衆演劇専門の演芸場があったりと、とにかく気取ったところがまったくないのが人気の秘密なのである。ならば行ってみようと、敦士(タレント)が出かけた。

23区で唯一の造り酒屋

   赤羽駅前の一番街商店街のおでん屋「丸健」は創業57年のおでん種の店だが、15年ほど前に店の一角に立ち飲みコーナーを作ったら、たちまち客が詰めかけた。のぞいてみると若い女性も多い。おでん種は練り物を中心に40種類前後もある。

   人気のメニューはおでん5品と日本酒の800円のセットだ。思わずスタジオから「安い!」の声が上がる。その日本酒は東京23区内で唯一の造り酒屋「小山酒造」のもので、小山酒造もこの商店街から歩いていけるところにある。さらに、この店だけの酒の飲み方があった。「だし割」だ。カップに残った地酒におでんの汁を注ぎ足して、七味唐辛子を掛ける。

   敦士「おいしいねえ。すっごく合う。あとから香ってくる感じです」

   隣りの女性常連客も「こくがあるでしょ」「ひれ酒っぽいですよね」なんていっている。

   店内にこんなチラシがあった。「他店で飲酒の方、一本迄とさせて頂きます」

   飲み過ぎはだめよというわけだが、「こういう張り紙が赤羽ではあちこちで見かけました」(三輪秀香アナ)

   柳澤秀夫キャスター「それにしても、800円だよ!安いよ」

   有働由美子キャスター「だし割って2杯楽しめるっていうことでしょ」

   そう来たか・・・。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中