主婦にもう見透かされた「安藤優子の上から目線」打倒ミヤネ屋100年たっても無理
<直撃LIVE グッディ>(フジテレビ系)

印刷

   初回から見ているが、とても「ミヤネ屋」をやっつけられるとは思えない。案の定、視聴率はミヤネ屋にダブルスコアで惨敗している。報道によれば、亀山社長が「視聴習慣があるので、待つ」と悪くても気にしない風のことを言っているが、甘い。主婦たちはもっとシビアである。ある高齢の主婦が、「安藤さんが情報番組のお客を上から目線でバカにしているのがわかる」と酷評していた。
   この日の内容は、午後1時55分から延々30分(!)もの長時間、つんく♂の喉頭癌について解説している。近畿大学での入学イベントを映し、まるごと彼のPRに時間を割いてヨイショしまくりなのだ。たかが、芸能人の病気について、そんなに長く時間を割く価値があるか。司会の高橋克実が「私だったら出来ない」と歯の浮くような持ち上げ方である。そりゃあ、歌手が声を失うのは同情に値するが、今時、ガンは2人に1人がかかる病気。大騒ぎしすぎだ。
   筆者が予言した通り、洒脱な宮根誠司には絶対に勝てない。お局さんの安藤を外して、むしろ高橋だけで進行すれば、女の客もカチンとこず、B級ドラマの高橋フアンが付いてくるのではなかろうか。今のままでは、報道番組というより、曖昧なバラエティのノリ、安藤の似合わぬニコニコ顔に媚が見えて苦しい。
   脇に侍る倉田大誠や三田友梨佳はともかく、パネラーのマキタスポーツや学習院の石澤靖治らもただの賑やかし。フジの感覚の錆びついているのが明白だ。(放送2015年4月6日13時55分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中