2019年 4月 20日 (土)

ジャスティン・ビーバー国際指名手配!器物損壊と傷害容疑でICPO

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   世界的な人気歌手ジャスティン・ビーバー(21)が国際刑事警察機構(ICPO)から国際指名手配された。おととし2013年11月に世界ツアーで訪れたアルゼンチンで、写真を撮ろうとするパパラッチをボディガードが暴行してスマホやカメラを奪った容疑で、ビーバーが指示したとして告発されていた。60日以内に裁判所に出廷を求められたが、無視したため今月11日に手配となった。

アルゼンチン裁判所「有罪ならば禁固6か月~1年」

   ジャスティン・ビーバーは12歳のときに動画サイトに投稿した映像が話題を呼び、再生回数が5000万回を超した。米フォーブス誌の2014年30歳未満のセレブランキングで1位となり、年間で92億円を稼いだという。

過去にも2回逮捕

   アルゼンチンの裁判所は立件に自信を持っており、担当のクバス判事によると、器物破損と傷害で有罪になれば禁固6か月から1年の可能性がある。

   当のジャスティン・ビーバーは、アメリカのカリフォルニア州でモデル女性と仲良くおさまった写真が出回るなどお気楽なもの。実は、去年2回逮捕されたことがあり、1回は罰金980万円、もう1回は保釈金30万円と子ども団体への寄付600万円を払っている。

   ニュースデスクの笠井信輔「ジャスティン・ビーバーにとって、こんな罰金はなんでもないのかもしれませんね」

   司会の小倉智昭「ちょっと素行が悪いという噂がありますからね、気になります」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中