函館「父子3人はね飛ばし」中村孝の奇行!真夏でもマスクしてジャンパー

印刷

   北海道・函館市内の歩道を歩いていて故意に突っ込んで来た軽自動車にはねられた父子3人は、すぐ近くの保育士の機転で事なきを得たことがわかった。殺人未遂で逮捕された無職・中村孝容疑者(43)は、3人をはねたあと車から降りてきて意識朦朧としている父親の顔を蹴り、さらに泣いている3歳の女児を殴ろうとしたが、駆けつけた保育士の機転で3人とも命に別状はなかった。

   事件現場は保育園の目の前で、保育士の原田貴子さんは女児を抱きかかえて保育園に逃げ込み、「鍵を閉めて!」と叫んだ。すると、中村は走って逃げたという。

妻と2人でアパート暮し

   現場を取材した大竹真レポーターによると、中村は市内のアパートに妻と2人で暮らしていて、近所の人は「夏の暑い時期でも窓は閉め切ったまま。暑いときでもマスクをしていてジャンパーみたいなものを着ているし、話ししているのを聞いたことがない」という。

   杉山愛(プロテニスプレヤー)「怖いですね。それにしても保育士の方は勇気ある行動ですね。自分がそういう立場で行動できるかというと、怖くてできないと思う」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中