2018年 8月 20日 (月)

林修「番組の中で葡萄の漢字書けなかった!これはいけませんね」

印刷

   予備校講師でタレントの林修(49)は4月12日(2015)、テレビ番組「林先生の初耳学」(TBS系)で「葡萄」の漢字が書けなかったとブログで明かした。

   番組はあまり知られていない情報や知恵を紹介する雑学バラエティ。林は「賢人代表」として出演しており、紹介された情報を林が知らなければ詳しい解説VTRを流し、知っていればVTRをお蔵入りさせることになっている。

   漢字を間違えたことについて「率直に言って、これはいけませんね。小さい頃から、有島武郎の『一房の葡萄』を愛読し、『葡』が、ポルトガルの略号であることも知っていたのに、これはいけません」と反省し、「最近、本当に漢字が書けなくなっているんですよ。パソコンばかり使っている弊害でしょうか。『葡萄』なんて、昔は楽勝だったのになあ」「もう少し落ち着いたら、漢検でもやりましょうかね」と締めた。

   ファンからは「私も子供達に聞かれてすぐに答えられなくて、子供達には注意できませんね。活字離れ」「私も最近漢字が書けなくなってます」とコメントが寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中