林修「番組の中で葡萄の漢字書けなかった!これはいけませんね」

印刷

   予備校講師でタレントの林修(49)は4月12日(2015)、テレビ番組「林先生の初耳学」(TBS系)で「葡萄」の漢字が書けなかったとブログで明かした。

   番組はあまり知られていない情報や知恵を紹介する雑学バラエティ。林は「賢人代表」として出演しており、紹介された情報を林が知らなければ詳しい解説VTRを流し、知っていればVTRをお蔵入りさせることになっている。

   漢字を間違えたことについて「率直に言って、これはいけませんね。小さい頃から、有島武郎の『一房の葡萄』を愛読し、『葡』が、ポルトガルの略号であることも知っていたのに、これはいけません」と反省し、「最近、本当に漢字が書けなくなっているんですよ。パソコンばかり使っている弊害でしょうか。『葡萄』なんて、昔は楽勝だったのになあ」「もう少し落ち着いたら、漢検でもやりましょうかね」と締めた。

   ファンからは「私も子供達に聞かれてすぐに答えられなくて、子供達には注意できませんね。活字離れ」「私も最近漢字が書けなくなってます」とコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中