高浜原発「再稼働」ストップ!福井地裁が決定「安全に運転できる状態でない」

印刷

   関西電力が11月をめどに再稼働を目指していた高浜原発3、4号機(福井県高浜町)にストップがかかった。福井地方裁判所の樋口英明裁判長は14日(2015年4月)、周辺住民らの訴えに運転を差し止める仮処分を決定した。決定は法的即効力があり、今後の司法手続きで覆らない限り再稼働はできなくなった。

関西電力「不服申し立て」・・・審理の長期化必至

   決定の理由について、樋口裁判長は「高浜原発は基準振動を下回る地震でも外部電源が断たれて給水が止まり、原子炉の冷却機能が失われる可能性がある」「使用済み核燃料プールは原子炉のように堅固な施設に囲われていない」など、想定外の災害に対する備えが不十分であると指摘した。原子力規制委員会の作った新規制基準も「緩やか過ぎて合理性に欠ける」と結論付けている。

長引く

   高浜原発3、4号機は今年2月に原子力規制委の主要審査を通り、11月の再稼働を目指していた。関電は福井地裁に不服申し立てを行う方針だが、不服が認められても認められなくても、審理は名古屋高裁に持ち込まれて長引くことが予想される。高浜原発の再稼働は見通せなくなった。

原子力規制委の新規制基準についても「緩やか過ぎて合理性に欠ける」

   原子力規制委が作った新規制基準が、住民目線に立った司法の場で「合理性がない」と否定されたのだが、宮崎哲弥(評論家)は「原子力規制委と司法の見解がまったく異なり異例の事態と言える。もし長引くことになれば、政府が描いている再稼働スケジュールが遅延する可能性がある」と述べただけ。評論家としての意見を聞きたかった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中