童話「ウサギとカメ」陸上3000メートル障害―勝利確信して油断したスキに・・・

印刷

   ウサギとカメの童話が実話になった。動画サイトのYouTube(ユーチューブ)でそんな動画が注目を集めている。アメリカの大学生の陸上大会3000メートル障害物で、オレゴン大学のタンゲイ・ペピオ選手はゴールまで数十メートルと近づいたところで独走となり、勝利を確信してスピードを緩め、しきりに観客にどや顔で応援を煽るような仕草を繰り返していた。

   しかし、そのときワシントン大学のランナー、メロン・サイモン選手が急追していた。ペピオは気付かない。ついにゴールラインでサイモンにかわされ、2位に落ちた。

ネットでは「子どものころにあの童話読んでればねえ」

   視聴者からは「子供のころ、ウサギとカメの童話を読んでなかったんだな」といった感想が寄せられた。それにしても、勝ち誇った状況から一転という一部始終がカメラでしっかり捉えられており、視聴者にとっては恰好の喜劇となってしまったようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中