女子バレー新星エース!宮部藍梨16歳「高度3メートル超」から強烈スパイク

印刷

   バレーボールの全日本女子代表「火の鳥ニッポン」に、東京五輪のエース候補が現れたという。高校生でただ1人代表に選ばれた宮部藍梨選手(16歳)だ。父はナイジェリア人、母は日本人で、大阪の金蘭会高校2年生だ。

身長181センチ「オリンピックのためにしっかり準備します」

   宮部の最大の武器は181センチの身長で、日本のエース木村沙織選手を上回る最高到達点「3メートル9センチ」からスパイクを叩きつける。真鍋政義代表監督は「あのアタック力はすばらしい。シニアの世界でどれだけ通用するか見てみたい」と期待を寄せている。

期待しましょう

   宮部は2020年の東京五輪のときは21歳だが、「オリンピックのためにしっかり準備していきたい」と語る。

   コメンテーターの織田信成(スケーター)「3メートル9センチから繰り出されるアタックが決まるところを東京オリンピックで見たいですよね」

   司会の夏目三久「中心選手として活躍してくれるんじゃないかと思います」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中