2018年 9月 21日 (金)

英王室キャサリン妃出産間近!ブックメーカーも過熱・・・名前予想1位はアリス

印刷

   英国のキャサリン妃(33)の第2子出産の予定日が近づいて、現地は盛り上がりを見せている。おととし(2013年)の長男ジョージ王子誕生の際は、2週間以上も前から病院の前に報道陣が場所取りをしていた。誕生翌日にはウィリアム王子と一緒に登場して、笑顔でお披露目をした。今回も同じ病院で出産すると発表しているが、少し様子が違うようだ。

病院前でのお披露目はなし?

   アナウンサーの内田嶺衣奈「ジョージ王子の時はまさか翌日に病院の前に出てくるとはと大変な騒ぎでした。現地の報道によりますと、今回は病院の前でお披露目をしない可能性があるということです。報道陣が殺到すれば危ないということかもしれませんね。でも、やっぱりどんなお顔なのか、ちょっとでも拝見したいですよ」

みんな賭けてます

   一番の関心は男の子か女の子かということだろう。司会の小倉智昭は「イギリス王室では生まれてくるまでわからないんだっけ」という。

   内田「はい、まだ男の子か女の子かわからないんです。いずれにせよ、楽しみですよね」

出産予定日「4月19~25日」一番人気

   例によって、名前の予想が過熱している。ブックメーカーでは、1位アリス、2位エリザベス、3位シャーロットだそうだ。

   キャスターの菊川怜「女の子ばかりですね」

   内田「それは理由があるんです。先月(2015年3月)、『妊婦がチョコレートやビスケットが食べたいときは女の子という言い伝えがあるので、生まれてくるのは女の子かな』とキャサリン妃が友人に冗談めかしていったと報道されたのです。なので、女の子ではないかと見られているんです」

   出産予定日の予想は4月19日から25日までの1週間が1位タイという。

   ニュースデスクの笠井信輔が一言「(それもこれも)全部賭けです」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中