次世代気象衛星「ひまわり8号」お天気当たるようになります

印刷

   気象庁はきのう16日(2015年4月)、次世代気象衛星「ひまわり8号」が撮影した最新画像を公開した。7月を目途に本格運用を開始するという。ひまわり8号の衛星画像はシロクロからカラーになり、解像度は2倍にアップし、細部まではっきり見えるようになる。これまで30分に1回だった観測頻度が10分に1回、日本付近では2分半に1回へと増加する。

ゲリラ豪雨などもピンポイントで予報

   気象衛星の進化は天気予報を変えていくかもしれない。たとえば、黄砂が明確に判別でき、黄砂予報が出せるようになる。台風は目の中心まではっきり写り、進路予想の精度が高まる。急激に発達する積乱雲もすばやく捉えられるため、ゲリラ豪雨などの予想ができるようになるという。

   天気コーナー担当する気象予報士・尾崎朋美は「(ひまわり8号の)データを蓄積していくことで、天気予報の精度がよくなり、生活に役立つ情報も増えていくでしょう」と予想している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中