2018年 7月 23日 (月)

「交流サイト性犯罪」過去最悪!被害者の半数以上が15歳以下少女

印刷

   出会い系以外のインターネット交流サイトを通じ性犯罪に巻き込まれる18歳未満の被害者数が、昨年(2014年)は1421人と過去最悪となった。被害にあった少女の半数以上が15歳以下で、昨年5月には熊本・人吉市で40歳代の男に殺害される事件まで起きている。

「ID交換掲示板」で急増

   とくに被害が多かったのは「ID交換掲示板」というサイトだった。利用者が無料通話アプリなどでやり取りをするもので、見ず知らずの人と簡単に連絡が取り合えることから利用者が増えている。このID交換掲示板を利用して被害にあった子どもは昨年439人で、3年前の36人から10倍以上に増えた。警察庁の調べでは、被害にあった子どものうち53%が交流サイトの利用について保護者から注意を受けていなかったという。

危ないんです

   司会の加藤浩次「使い方のリテラシー(活用能力)を教えていくしかないんですけど、まず個人情報をサイトに公表するのは危険に巻き込まれる可能性があることを教えないといけないんですよね。文字って言葉以上に信憑性があり信じてしまう。そこに落とし穴があることも教えないと」

   弁護士の菊池幸夫「出会い系サイトは規制法があり、現状では18歳未満の子どもの利用はできないことになっています。利用者は免許証など年齢を証明することが要求されている。そういうこともうまく指導してほしい」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中