2018年 7月 20日 (金)

「愛川欽也」死去!肺がんが脊髄に転移・・・1か月前まで「アド街」司会

印刷

   俳優・司会者の愛川欽也(80)が15日(2015年4月)に亡くなった。けさ17日午前7時40分ころに関係者が「死亡した」とだけ伝え、「モーニングバード!」が始まった8時すぎに霊柩車が到着して白い棺が運び込まれ、喪服姿の妻・うつみ宮土理さん(71)が憔悴した表情で乗込んだ。

   日刊スポーツは死因を「肺がんが脊髄に転移していた」と伝えた。

あす18日には監督第8作「満州の紅い陽」公開

   愛川は長寿番組「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)で昨年9月に情報番組の現役最高齢司会者としてギネスに認定された。その1000回目にあたる3月7日で番組を突然降板し、「のんびり映画を」などと語っていた。今月3日に自宅に介護用ベッドが運び込まれ、翌日には在宅診療の車が来た。その後、28日のインターネットテレビ局「kinkin.tv」を欠席した。6日には「kinkin.tvを閉鎖したが、うつみは「風邪をひいて休んでいます。次の映画制作に意欲を燃やしています」とコメントしていた。

朝から肉食

   愛川は昭和9年東京生まれ。俳優座養成所から声優、ラジオの深夜放送、テレビの「11PM」の司会、映画「トラック野郎」シリーズと実に多才で、78年にうつみ宮土理と再婚してからは「なるほど!ザ・ワールド」「パックインジャーナル」などテレビの司会を続け、「劇団キンキン塾」結成して小劇場「キンケロ・シアター」オープンなど演劇、映画の活動も続けた。あす18日は監督8作目の「満州の紅い陽」を「キンケロ」で公開予定だった。

自ら運営のネットテレビも閉鎖

   「アド街」に出演した長嶋一茂(スポーツプロヂューサー)は「去年でしたが、なんでそんなに元気なんですかと聞いたら、『宮土理が朝から肉を作ってくれるんだよ』といっていました。びっくりです」という。

   司会の羽鳥慎一「番組やめたのが1か月前で、体調不良よりも1000回の区切りと思っていたくらいでした」

   長嶋「うつみさんも、おのろけでわれわれがちょっと引くくらいだった。憔悴していたから心配ですね」

   「パック」に出ていた吉永みち子(作家)は「軽やか面と芯の強い面とある人でした。ネットテレビは最後までやるといっていたのを閉鎖したというので、何があったのかと心配だったんですが」

   羽鳥「最後まで現役へのこだわりを感じますね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中