2018年 12月 18日 (火)

<E-girlsを真面目に考える会議>(テレビ東京系)
アイドル知識ゼロのおじさんプロデューサー!E-girlsの番組作れるか?悪戦苦闘の「舞台裏」見もの

印刷

   いきなりおじさんがE-girlsの代表曲「Follow Me」をカラオケで歌うシーンで始まった。しかも音痴。おじさんは番組担当の杠(ゆずりは)プロデューサーのようだ。珍しい苗字ということもあって、なんだか妙に引き込まれる。そしてナレーションが流れる。

「この日、杠Pは必死だ。E-girlsの魅力とはいったい何なのか。どうにかして知ろうとしていた」

ファン集めた企画会議も空振り

   杠プロデューサー(制作会社「PROTX」入社11年目)は、それまで旅番組などしか担当したことがなく、E-girlsについても「金髪の人がいるグループ」というざっくりとしたイメージしかなかった。

   E-girlsメンバーによるロケ企画のVTRが流れる。まあ、この時間帯のバラエティ番組としてはよくある感じだが、パッとしない。杠Pはこれを上司に見せるがたちまちにしてダメ出し。落ち込んだ杠PはE-girlsのファンを集めて会議を開く。企画が面白くなりアイデアを出してもらおうというわけだ。これが番組タイトルにもなっている。

   しかし、ファンたちはE-girlsについて知識の乏しい杠Pに冷たい。はたして、新企画は始まるのかどうか。結局、E-girlsが楽しく跳ねまわり、その裏でおじさんプロデューサーが悪戦苦闘という不思議な構図の番組のようだ。でも、実は杠Pを見せる番組なのかも。(放送4月10日(深夜0時52分)

鯖世 傘晴

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中