西アフリカ・ナイジェリア「謎の奇病」拡大!発症すると24時間以内に致死率75%

印刷

   西アフリカのナイジェリアで奇妙な病気が広がっている。目が突然かすんで、頭痛、下痢による体重減少、会話が困難になり、急激に血圧が上がる。これまで発症した24人のうち18人が24時間以内に亡くなった。致死率は75%ということになる。原因はなんなのか。

エボラ出血熱の変異か?新たなウイルス性感染症か?

   患者はオンド州の中にある町に集中していて、地元メディアによると、中年男性に多く、同じ時期に発症したのが特徴だという。

伝染性怖い

   山中章子リポーター「局地的なのですが、なぜ起きるかわかっていません」

   ニュースデスクの笠井信輔「実際に大変な状況で、WHO(世界保健機関)が調査しています」

   ウイルス性も疑われているが、エボラ出血熱のウイルスは検出されておらず、新たな感染症の可能性も考えられる。何らかの植物の種を食べたことによる毒性食中毒、除草剤中毒などさまざまな原因が調査されている。

   山中「地元長老の間では神の怒りだと言われています」

   神のやしろで物を盗んだ人がいるためらしいが、たたり説がでるほど深刻らしい。

   司会の小倉智昭「あっという間に発症して、あっという間に亡くなりますね」

   菊川怜キャスター「伝染性でなければいいですねえ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中