「デスノート」日テレ系で7月から実写ドラマ!漫画、映画で大ヒット

印刷

   単行本の国内販売累計3000万部の人気漫画「デスノート」が、日本テレビ系で7月(2015年)から連続ドラマになることが決まった。06年に映画化、今年4月からはミュージカルとして上演されているが、テレビの実写ドラマ化は初めてだ。放送は日曜日よる10時。

   漫画は「週刊少年ジャンプ」に03年から連載され、名前を書かれた人は死ぬデスノートを持つ高校生・夜神月と探偵Lの対決の物語だ。映画では夜神役を藤原竜也、L役を松山ケンイチが演じた。前後編を合わせた観客動員数は653万人、興行収入80億円と大ヒットした。ドラマ版のキャスト、脚本、演出は明らかなっていないが、天才少年Nが初めて登場する。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中