安倍首相「戦後70年談話」謝罪・反省の言葉入れる必要ない。これまでの繰り返しになる

印刷

   「きのう20日(2015年4月)夜、気になる番組がありました」と司会の小倉智昭が紹介した。安倍晋三首相がBSフジの報道番組「LIVEプライムニュース」に生出演し、今夏に発表する戦後70年談話について見解を示した。ニュースデスクの笠井信輔が背景を説明した。

「今から20年前になりますが、戦後50年の総理談話について、当時の村山富市首相が発表したもので、その後の歴代内閣が踏襲しています。その中には『国策を誤り』『植民地支配と侵略』『多大の損害と苦痛』『痛切な反省』『心からのお詫び』といった文言がありますが、安倍総理の談話にこういった文言が入ってくるのかどうかと聞かれて、総理はこう答えました」

   以下が安倍の発言だ。

「同じ言葉を入れるのなら談話を出す必要がないじゃないですか。(過去の首相談話の)基本的な考え方を継いでいくということは、もう申し上げているのだから、そこに書かれていることについては引き継いでいく。ですから引き継いでいくと言っている以上、もう一度書く必要は私はないだろうと思います」

「植民地支配と侵略」「お詫び」などの文言こだわらない

   笠井「このように、『植民地支配と侵略』『お詫び』などの文言にこだわらないという考えを示しました。さらに地域や世界のために平和に貢献していくという決意を発信したいと述べています」

気になります

   小倉「中国の習近平さんや韓国の朴槿恵さんは、その部分をとにかく強調して、それを言わなければ日本は前進しないと言っているんじゃないですか。どう受け取りますか、各国がねえ」

   笠井「総理の発言は重要ということで、各新聞も1面で取り上げています。読売は『自分の考えに加えて自民党内外の保守派への配慮とも受け止められている』と書いています」

   アナウンサーの梅津弥英子「平和の発信をしていくということについても、注目しなければなりませんね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中