東京・豊島区「高放射線公園」地面下に何が埋まっているのか・・・医療系廃棄物?

印刷

   なんとも不気味な話だ。東京・豊島区の発表によると、区立の「池袋本町電車の見える公園」の滑り台が組合わさった複合遊戯施設から1時間あたり2.53マイクロシーベルトを検出され、さらに調べたところ、きのう23日(2015年4月)になって周辺地面から480マイクロシーベルトというとんでもない数値が出た。

   豊島区の除染の基準は0.23マイクロシーベルトで、これの約2000倍である。福島第1原発の事故で国の避難の目安は年間被ばく線量20ミリシーベルトだが、40時間余りでこの値に達する。普段から子どもの遊び場になっている公園に何があるのか。

離れると急速に低下・・・専門家は「ウランかトリウム」

   放射線量が高いのは地面で、何かが地中に埋まっている可能性がある。ただ、数メートルはなれると線量は急激に下がって、ほぼ通常値になる。こうしたことから、専門家はウラン、トリウムなど医療系廃棄物をあげているが、掘り返してみないとわからない。

誰かがやった?

   近くに住む人は「子どもたちが遊んでいるので心配ですね」という。

   司会の羽鳥慎一「地中に何かが埋まっているのでしょうか」

   小松靖アナ「いまのところそう見られています」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「医療系だとすると、だれかがやったということ?」

   吉永みち子(作家)「もしだれかが測ってなかったら、このままずっと放置されていたということですよね」

   長嶋「子どもたちが関わるんだから徹底的に調べてほしいよね。どこのものか」

   吉永「だれがやったのか」

   羽鳥「作業も慎重にやるんでしょうね」

   小松「きょう区が立ち入り調査をして、原子力規制委の助言を受けながら除去を行う予定になっています」

   2011年にも東京・世田谷など各地でやたら線量の高いところが見つかった。ところによっては何十年もその上で生活していたなんていうケースもあったその後どうなったのだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中