「立教大学」グローバル化で生き残れ!留学生受け入れ拡充、外国人教員増員でブランド力回復

印刷

   数ある日本の大学で、世界ランキングで100位以内に入ったのは東京大(23位)と京都大(59位)だけだった...。アカデミック分野のグローバル化が遅れていることに危機を感じた国は、大学改革と国際化を柱とした「スーパーグローバル大学創生支援」構想を打ち出し37の大学を指定した。今後10年間に1000億円の予算を投じ、グローバル化した世界に通用する専門的知識、優れた発想力、教養を持った学生を育成し、さらに諸外国から優秀な留学生を日本に呼び込もうというのだ。

   国の構想に104大学が応募した。各大学が示した改革案を国が審査し、Aタイプ(トップ型)13校、Bタイプ(グローバル化の牽引型)24校の計37大学が指定されたが、Aタイプは世界トップ100入り、Bタイプは世界に通用するグローバル人材の育成が目標という。

歯止めがかからない志願者減少

   Bタイプに指定された立教大学の昨年の志願者数は、前年に比べ10%も激減した。今年は持ち直したものの、志願者数の減少傾向は続いている。頭を抱えたくなるようなこんなデータもある。明治大学と両方に合格した学生が最終進学先にどちらを選んだか。15年前は8割以上が立教大を選んでいたのが、今は逆転して6割以上が明治大を選んでいる。財政面でも近年は赤字に転落した年があった。

   そこで、大学はグローバル化へカジを切ることによってブランドイメージを回復し、志願者数の確保につなげる足掛かりにしたいと考え、布石を次々と打ち出している。柱の一つが外国人留学生の受け入れ。現在、外国人留学生は500人余りだが、これを世界300の大学と提携して最終的には4倍の2000人に増やす計画だ。受入れのために日本人学生と共同生活ができる国際交流寮の準備を進めている。外国人教師を14%から20%にまで増やし、日本人学生の国際感覚を高めることも考えている。

   ただ、布石は打ったが、問題はグローバル人材を具体的にどう育てていくか。育成方法は指定された各大学に委ねられ、立教大学は15億円の予算を付与されたが、会議を開いても教授たちは思案投げ首の状態だ。

   文部科学省の義本博司・大臣官房審議官は「世界から優秀な人材を引き付けてこられるような競争力の高い、国際性の高い大学を創設する。そのための重点支援を行っていくのが狙いです。中間評価をしっかり行い、取り組みが不十分なところは厳格な評価もある」と話す。

「高崎健康福祉大学」福祉・医療に特化して海外の大学と提携

   指定されていない新参の4年生大学が自ら国際化を図り、10年で志願者数を8倍に増やしたところもある。群馬県高崎市の高崎健康福祉大学である。前身は地元女性が通っていた女子短期大学で、10年前には志願者数が半減し定員割れに陥った。大学の存在意義が問われるなかで、地元に貢献できる福祉や医療に特化し、高い技能を持った職業人の育成を図る4年制大学に生まれ変わることにした。

   いま東アジアで需要の伸びが高い漢方薬の分野でグローバル化に取り組んでいる。薬草園では120種類以上の薬草を育てて生薬の研究を進め、3年前にはベトナムの薬科大学と提携した。多種多様な薬草があるベトナムで生薬を素にした新薬の共同開発に取り組んでいる。

   さらに、ベトナムの生薬のほか、インドネシアの看護、フィンランドの介護、ドイツのリハビリなど特定分野で評価の高い学校に学生を留学させ、高い技術を身につけさせる展開をしている。看護師や理学療養士の国家資格合格率は全国平均を上回るようになり、今年4月からは訪問看護のエキスパートを要請する施設を作った。

   専門制にこだわったことが成功した秘訣のように見えるが、では指定を受けた大学は成果をあげられるのかどうか。国谷裕子キャスターは「37の大学に対し1000億円の巨額な予算。お金がかかりますね~。どこまで成功か、失敗か。評価は難しいでしょうね」と筑波大学の加藤毅准教授に聞いた。高等教育政策の専門家だ。「国際化はお金がかかります。留学でまずお金がかかり、奨学金の支給でもお金がかかる。キャンパスのグローバル化で育つ学生がどう変わるか。できれば目に見える形で現わればいいのですが判断は難しいでしょう」

モンブラン

NHKクローズアップ現代(2015年4月22日放送「どう育てる?グローバル人材~始まった大学の模索~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中