2019年 5月 21日 (火)

東京・高円寺ゆるキャラ不気味?「サイケ・デリー」黄色い瞳に真っ赤な唇

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   おととい25日(2015年4月)、東京・杉並の高円寺に時ならぬ人だかりができた。人々のお目当ては、この日お披露目されたという「サイケ・デリー」さんだ。高円寺商店街連合会が認知度アップのために導入した「ゆるキャラ」で、漫画家のみうらじゅんが審査委員長をつとめたコンテストで、公募890作品から選ばれた。

商店街部長「ダメ出しも人気の一つ」

   サイケ・デリーは大きな頭と足を持ち、頭にはターバンのようにも見えるものを被っている。黄色い瞳や真っ赤な唇からのぞかせる細長い舌、口のまわりを覆うひげなどが印象的で、足には足袋を履いている。これは高円寺の阿波踊りからデザインされているそうだ。また、デリーは地元のインド人街をアピールするためだという。

   して、評判はどうか。佐藤渚アナは「目が黄色から赤くなるのはどういう感情なんでしょうね」、宇垣美里アナは「舌の動きがなんとも言えない」と、スタ氷魚ではいまひとつだった。

   高円寺商店街連合会の吉田善博事業部長は「ダメ出しも人気のひとつかなと。今後に期待したいと思っています」と苦笑いしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中