錦織圭「バルセロナオープン」連覇!相性いいクレーコート・・・来月の全仏に弾み

印刷

   テニスの錦織圭選手(25)は26日(2015年4月)に行なわれたバルセロナオープン決勝戦を制した。この大会2連覇で、来月の全仏オープンに勢いがついた。

   決勝戦の相手は地元スペインのパブロ・アンドゥーハルとあって完全なアウェーだった。錦織はいきなり第1ゲームでブレークを許したが、コーナーをつく正確なショットで反撃し、6-4、6-4で快勝した。ツアー通算9勝目となり、これは日本選手の単独最多記録だ。

「タフな大会でしっかりプレーをして優勝できたのはうれしい」

   錦織は「タフな大会でしっかりプレーをして優勝できたのはうれしい」と話す。昨年もこの大会で優勝し、世界ランキングが12位に上がって飛躍のきっかけになった。その後、全米オープンでアジア勢初の準優勝、11月には世界のトップ8人だけが出場するワールドツアーファイナルでベスト4の快進撃となった。

期待したいです

   バルセロナオープンは全仏オープンの前哨戦ともいわれている。

   司会の小倉智昭「ゲンにいい大会で勝ったのは、今後にいい結果を生みますよ」

   全仏オープンもバルセロナオープンと同じは赤土のクレーコートで、錦織には有利といわれている。マイケル・チャンコーチは「錦織に向いている」と語っている。

   小倉「期待が膨らみますよね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中