2018年 9月 20日 (木)

「水陸両用スーツ」着たままサーフィンや風呂?シャツ、ネクタイもセットで32万4000円

印刷

   ネクタイをして黒いスーツ姿の男性が海から上がってくる写真が登場した。手にしているのはサーフボードだ。タイトルに「水陸両用スーツが発売」とある。司会の羽鳥慎一は「これは画期的です」という。動画では、車からボードを降ろした男性が波打ち際に歩み寄り、海中に身を踊らせた。次のシーンではその姿でサーフィンをしている。

   これはオーストラリアのサーフブランド「クイックシルバー」が開発した水陸両用ビジネススーツ「TRUE WETSUITS」だという。ジャケット・パンツ、シャツ、ネクタイのセットで32万4000円(税込み)だ。動きやすさ抜群で、波乗りも潜水もOK。サーフィンを終えたらそのまま会社へ行くこともできる。

   街の声もCM映像にあって、「昔は毎週(サーフィンに)行ったんですけど、仕事始めてから時間がなくて」「時間が足りない。ウエットスーツ脱いだりとか、あとの着替えとか」なんて、どこまで冗談かわからない。

ウエットスーツの素材使ってデザイン

   どのようなスーツなのか。水をはじき乾燥しやすいウエットスーツの素材を使い、水の浸入を避けるデザインなどの工夫を重ねたという。デモンストレーションのビデオでは、遅く帰った男性がスーツ姿でベッドに寝て、朝起きたらシャワーを浴びたり、風呂に入って、そのまま出勤していく様子がある。

冗談かと思いました

   羽鳥は「うわー、便利」といって拍手。「サーフィンをやってから会社へ行く人多いから、いいですよ」。サンプルを触ってみて、「ダイビングスーツの生地ですね」

   赤江珠緒キャスター「近くで見るとかなり厚手ですね」

   シャツもボタンではなくジッパーが隠れていて、水が入らないようになっている。

   羽鳥「ただ、さっきの(ビデオの)お風呂は朝3時半ころに入ったらしいんですが、それから4時間たってネクタイがまだ若干濡れておりました」

   赤江が意味ありげにニヤニヤしている。

   羽鳥「若干ではなく、かなり濡れてますね。もう少し早めにお風呂に入った方がいい」

   赤江「でも、ボタボタはしませんね」

   羽鳥「触り心地もいい」

   赤江「今月(2015年4月)20日に発売されて、半分ユーモアだと思っていたんですが、真剣そのもので、タキシードも用意しているそうです」

   羽鳥「30万円。CMがよかったですね。ユーモアもあってよろしいんじゃないでしょうか」

   まあ、朝から変な冗談。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中