五輪十種競技金メダリスト性転換「女性として生きたい」ガガ、ロペスら熱烈支持

印刷

   性転換によって女性になったことをカミングアウトしたブルース・ジェンナー(66)が話題だ。ジェンナーは1976年のモントリオール五輪の陸上・十種競技で金メダルを獲得したアスリートで、テレビプロデューサーのクリス・ジェンナーの再婚相手としても知られている。

「世界中にいるブルースのような人を愛し、勇気づけよう」

   昨年(2014年)、クリスと仲違いしたブルースに明らかな身体上の変化が現れ、性転換手術を受けたのではないかとメディアを騒がせていた。テレビインタビューでジェンナーは「自殺も考えたが、それでも女性として生きることを選択した」と涙ながらに告白した。

   レディー・ガガは「世界中にいるブルースのような人を愛し、勇気づけよう」といい、ジェニファー・ロペスは「かつてのチャンピオンは今も変わらずチャンピオンだわ」、オプラ・ウインフリーは「誰もがありのままの姿を愛される権利がある。ブラボー!」と支持している。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中